日本語 |  한국인 |  Español |  Svenska |  Português |  Français |  русский

Italiano |  中文 |  עברית |  Polski


Japanese ISVP Information

ISVP留学プログラムについて

ダンスのメッカアメリカでダンスを大いに学ぼう!

  • プログラムは3、6ヶ月、1年間から選択(期間延長可能)
  • 週12クラスが受講可能
  • 専門分野をジャズ、バレエ、ヒップホップ、シアターダンス、タップの中から選択
    内分け:専門5クラス(必須)、専門外3クラス(必須)、
    バレエ2クラス(必須)、残り2クラスは好きなクラスを受講
    レベルは基礎から上級まであります。
  • アドバイザーとともに自分にあったプログラムを構成
  • 講師との交流を深める、ティーチャーミーティング、メンタープログラム
  • ISVPだけのパフォーマンスプロジェクト、パフォーマンスの機会
    その際のリハーサルスペースはBDCで無料レンタル
  • 90名以上のダンス界をリードするトップレベルの講師陣
  • オープンクラスから留学生のみに実施するマスタークラスまで豊富なカリキュラム
  • NY市の最も賑やかな街、ブロードウェイシアター地区で最高のダンストレーニング
  • スタッフは常時待機し留学生をサポートします
  • プログラム前後には30日の滞在猶予がつきます

  • この留学プログラムは18ー27歳までが対象となっております。

申請方法

  1. 申請書
    http://broadwaydancecenter.com/isvp/isvp_application.shtml
  2. 銀行残高証明
    米国政府の要請により、BDCで学ぶ期間に必要とされる、学費と生活費を十分満たす銀行残高証明書を英語表記で提出していただきます。こちらは銀行で正式な証明書を取得してください。また、もし銀行残高証明書が学生本人のものでない場合、スポンサーレターを提出してください。在学中に必要な学費と生活費合計目安は以下のとおりです。スポンサーレターのサンプルが必要な場合は Japan@bwydance.com へご連絡下さい。
     
    授業料(Tuition Amounts).

    ―銀行残高証明の目安―
    • 3ヶ月間プログラム:$6,000
    • 6ヶ月間プログラム:$12,000
    • 1年間プログラム:$24,000
  3. 有効パスポートのコピー
  4. ダンス経歴書(英語表記)
    ダンストレーニングの履歴、ダンス公演などの内容を箇条書きにまとめてお送り下さい。
  5. エッセイ
    ダンサーとしての目標、またBDCで達成したいことをワードドキュメントで1枚、英語表記でタイプしてください。
  6. 写真2枚
    ダンスの写真もしくは顔、全身写真、サイズは通常のものでよい)
  7. ISVPの健康診断書 - 病院で診察していただき、医師の署名を必ず頂いてください。.
    http://broadwaydancecenter.com/isvp/health_form.pdf
  8. 申請費200ドルのお支払いは、クレジットカード、郵便為替、トラベラーズチェック、電信送金がご利用できます。電信送金をご利用の際はスタッフまで送金先をお問い合わせください。
    Japan@bwydance.com (日本語)
    isvp@bwydance.com

以上の書類を下記まで郵送するか、メール添付で送信下さい。詳細は下記をご覧下さい。

Broadway Dance Center
Attn: ISVP Administrator
322, West 45th, 3rd FL
New York, New York 10036 USA

 

すべての書類を申し込み締切日(プログラム開始45日前)までに、BDCに届くようお願いします。また、不完全な書類は受付いたしませんので、全ての書類が揃っているか、再度ご確認くださいませ。

申請書類はスキャンした後、メール添付にて送ることも可能です。その場合は以下のメールへ送信ください。isvp@bwydance.com または japan@bwydance.com
FAXでの送信は受け付けておりません
入学の許可、不許可はEメールにてお知らせしますので、使用可能なメールアドレスを申請用紙に明確に表記ください。

BDCが申請書を受け取った後

  1. プログラム参加許可はEメールにてお知らせしますので、申請書には明確にメールアドレスを記入するようお願いいたします。この段階では仮の入学許可ですので、この次点では大使館とのビザ面接の予約はとらないでください。
  2. 入学金の半額を振り込んでいただきます
  3. 入学金の確認ができましたら、I-20の発行になります。I-20はVISAではありません。日本アメリカ大使館にてビザを申請するために必要な書類となります。ISVPは、旅行者用ビザでは参加できません。必ずアメリカ大使館を通してM-1ビザを取得し入国してください。
  4. 残り半額の入学金はプログラムが始まる前までにご入金ください。

保険

旅行者用の医療保険に必ず入ってください。BDCでは医療保険は提供していませんが、Care-Med International Travel Insuranceに加入することができますwww.CareMed-Travel.com.で詳細を確認てください。 BDCでは怪我および病気に対しての責任を一切持ちません。アメリカ滞在中そしてプログラム中、医療保険に加入していることをご確認ください。

授業料

   
3ヶ月間 プログラム 休暇なし $2,450
6ヶ月間プログラム 1週間休暇 $4,400
1年間プログラム 2週間休暇 $8,350
     
プログラム延長の場合、$100の手数料がかかります。
入学金も期間により、料金が変わります。
  1. 週に12クラスのクラス受講が可能ですが、それ以上の受講を記入する場合は
    ディスカウント価格でクラスを取ることができます。
  2. 6ヶ月以上のプログラムに限り、休暇がついてきます。

注意事項:M-1ビザに応募するためには、Student Exchange Visitor
Information System (SEVIS)の費用として、$200が追加されます。
この費用は、M-1ビザを取得以前に支払い完了している必要があります。
www.fmjfee.com にて、オンラインでSEVIS料金の支払い情報をご覧ください。

授業料の支払方法

  • 電信送金の場合は、支払い先をメールにてご連絡いたしますので、その旨を次のメールアドレスへお知らせください。isvp@bwydance.com または japan@bwydance.com
  • 電信送金での支払いの際に発生いたします銀行手数料は申請者の負担になります。
  • 授業料の支払いはクレジットカード、電信送金、郵便為替、トラベラーズチェックをご利用できます。
  • クレジットカードでの支払いの場合、VISAかMaster Cardがご利用できます。
    また、その際は申請書2ページ目、クレジットカードの情報を記載していただき
    1-212-956-9088へファックス下さい。メールでのクレジット情報の送信はお控え下さい。
  • トラベラーズチェックでの支払いは、米ドルでお願いします。
  • 電信送金でお支払いされた場合、銀行からの支払い証明書をBDCへファックスでお送りください。 1-212-956-9088

授業料の払い戻し

学生ビザが発行されず渡米が不可能となった学生につき、すべての授業料が払い戻しされます(申込み手続き費用とその他の応募の際に発生する費用は払い戻しされません)払い戻しを希望する学生は、I-20とアメリカ大使館からのビザ発行不可の手紙・書類を郵送してください。

プログラムを途中で中断した場合や、休んだクラスの授業料の払い戻しはできません。プログラムを辞める、または他の団体・学校へトランスファーを希望する際も、払い戻しはできませんので、ご注意ください

トランスファーについて

  • M-1からのトランスファー、F-1からのステイタスチェンジはケースにより受け付けます。
  • トランスファーを希望される場合、面接とオーディションが必要となります。まずは次の
    メールアドレスまでお問い合わせください。isvp@bwydance.com

  • 面接の際はI-20を必ずご持参ください。



Chizuru AsakuraJapanese Interpreter/Translator

Chizuru Asakura 212-582-9304
Japanese Students interested in the program should contact Chizuru directly at
Japan@bwydance.com